事業案内

BUSINESS

当社のこだわり

バレル研磨作業に妥協しない厳しさと、環境への思いやり

バレル研磨は金属やプラスチックの角を丸めたり、表面全体を均一に仕上げるための技術です。成形後のプラスチック製品のバリ取りなどはほとんどがバレル研磨によって行われています。

バレル研磨にはいくつかの種類があり、水を使用する湿式、水を使用しない乾式の分類はじめ、振動を加え研磨材との摩擦で研磨する振動式、バレル槽の回転により製品とメディアの摩擦で研磨する回転式など、様々な方法があります。

バレル研磨について

バレル研磨のイメージ

バレル研磨の前後写真

適切なメディア選定
バレル研磨の仕上がりは、加工条件でほぼ決まってきます。
当社のバレル研磨は製品の素材や形状を加味した上で、製品とメディアのバランス、水の量を調整しながらバレルをかけていきます。
確実なメディアの選定と製品に合った専用の研磨剤を使用して行なっています。

また、素材や用途などに応じて、製品にもっとも適切な加工方法のご提案も行なっています。

充実したバレル設備
当社では100台近くのバレル機を保有しており、お客様の目的に合わせて様々な加工に対応可能です。

品質について

バレル前

バレル後

徹底した品質管理
研磨、洗浄、乾燥を終えた製品は、最新の検査設備により、1品1品清浄度を確認しています。
形状や表面粗さ、画像測定はじめ、拡大画像による細部の確認、そして熟練した検査員の目による検査を行います。

独自の検査方法により、大きな信頼と実績を得ています
検査工程では部品の清浄度要求に応える為にABCの3レベルの検査工程を保有し、お客様のニーズにお応えしています。測定では、お客様のニーズにより表面粗さ、形状測定、バレル研磨前後の写真撮影などのデータを提供します。

環境について

バレル後のスラッジ

一部を路盤材などに再利用

人と企業と自然の共生をめざして
バレル研磨は大量の水を使用します。発生した排水は最新設備を導入した排水処理施設にてクリーンな状態に。

-きれいな水からきれいな製品が生まれる-

当社では、排水処理を会社の根幹に関わる重要な工程と考え、人と企業と自然が互いに共生できる環境づくりを目指しています。また、排水処理時に発生するスラッジは一部路盤材の材料として再利用しています。

MAILはこちら